米国の「定年」事情

| コメント(0)


日本と違って米国には定年制度が事実上存在しない......というかむしろ日本のような定年制がある方が少数。ただし、高齢で心身が衰えて能力が劣ってくると、それ相応な対応を受けるのは、日本以上かもしれない。首切りやら能力給やらがフレキシブルにしっかりと、正当に働いているのならそれの方がよいのだろう。歳は関係なく、経験も合わせ能力に応じた対価が支払われる、と。

で、その米国における定年......というか高齢に至った時の労働事情。ずっとフルタイムで働きたい人が減り、パートタイムにシフトしたいとの人は変わらず、ある程度歳を取ったら仕事は辞めたいなとの人が増えている。


他方、現在リタイアしていない人(ツイート上の「仕事をずっと続けたい人」は間違い)は何歳位まで働きたいか。65歳を目安として尋ねているけど、65歳以上でも働きたいとの人が増えている。二つを合わせると70歳ぐらいまでは働いて、その後は辞めたいという人が増えていると見ればよいのかな。

これも保険健康医療技術の進歩と、それに伴う平均寿命の延びが要因なんだろうなあ、と。

            

コメントする

            

最近の記事25件

Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2017年5月11日 07:36に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「「国の借金1071兆円=1人当たり845万円」なる表現をいまだに通信社がしている件について」です。

次の記事は「中堅層が受けるべき健康診断」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2017年10月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31