「バーニング・オーシャン」なる映画が趣深いらしい

| コメント(0)


新作映画の紹介、評論は多種多様なものを目にするけど、久々に「観てみたいな」と思わせる内容だったのが、この「バーニング・オーシャン」。実話を基にした労災映画っぽい話であることや、その事故発生までのプロセスが丁寧に描写されていて、観客をその場にいるかのような疑似体験モードに突入させてくれる。


幸いにも公式の動画として予告編が掲載されていたので見てみたけど、確かにこれはぞくぞくするような内容ではある。


直接は関係ないけれど、ほぼ同じ時期に流れてきたツイート。これは確かにその通りで、加えてたとえ報告をしてもそれを無視せず受け入れる、上部判断層がいることが必要不可欠なんだよなあ、という感はある。何も起きなきゃ確かに精査した分のリソースは失われるけど、それは保険みたいなものだからね。

            

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2017年5月 9日 07:15に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「6月2日にレゴの新作が一斉発売されるとの話」です。

次の記事は「紀伊民報のデマと、その後の対応と」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2017年5月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31