松屋のライスを湯豆腐にチェンジシステムが全国に展開開始

| コメント(0)
このたび松屋フーズ(本社:東京都武蔵野市、代表取締役社長:瓦葺一利)では、牛めし・カレー・定食・その他丼の全国の「松屋」におきまして、ライスを湯豆腐に変更可能なサービスをご提案いたします。


「さっぱり塩ダレおろし湯豆腐」は、一部店舗で販売していましたところ、多くのお客様より販売店舗の拡大のご要望を頂きました。


松屋で以前から一部店舗で試験運用的な形で展開をしていた、定食のご飯部分を湯豆腐に変更できるシステム(50円の追加が必要ってのはちょいと理不尽だけど)。5月9日から全国展開と相成った。待ち望んでいた人も多いのではないかな、という感はある。

リリースやポスターを見る限りでは昨今流行りのロカボ対応的なのをセールスポイントとしているようだけど、個人的にはむしろカロリーオフの方が大きいような気がする......ってよく考えてみたら、そこまでカロリーを気にするのなら、そもそも定食は頼まないよね。その辺が難しいところ。だったら選択肢として玄米とかも追加してほしいな、とか。

いわゆる糖質ダイエットの類は当方は非常に懐疑的なのだけど、その過程で食事の量や栄養バランスがスマートになるのなら、それはそれでよい気がする。今件のライスから湯豆腐も、そういった形で良い方向に向かうのなら、終わりよければすべてよし、的な。

でもやっぱり定食メニューにはご飯の方がマッチするよなぁ、というのは当方だけだろうか。

            

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2017年5月 3日 06:55に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「日経新聞の電子版登録者が350万人を突破」です。

次の記事は「大型立体駐車場に宅配便ロッカーを設置するという発想」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2017年5月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31