安全は安心を生むが、安心は安全を生まない

| コメント(0)

「 「豊洲が風評に負けて放置されるのは、科学が風評に負けたことになる。これはまさに国辱だ。世界に(対して)日本が恥をかくことになる」と同じように、ピンとくる科学系、論理的なパワーワード。安全は安心を生む。その過程で指導者、リーダーの力が、そして公知するさまざまな媒体、メディアの力が求められる。

他方、いくら安心しても安全は生まれない。大丈夫だ大丈夫だと思っていても、実情が悪化するばかりなら、状況は好転せず、悪化し、破たんは起きる。虫歯で歯が痛いのに「これは気のせい、大丈夫だ」と思って放置していると、悪化してえらいことになるのと同じ。「虫歯じゃないから大丈夫」と思うだけで虫歯が治るわけじゃないよね。


今件、つまり現都知事と愉快な、もとい赤いな仲間たちによる「安全だが安心ではない」発言は、マッチポンプもさることながら、科学や数理の軽視、感情論の振り回し、事実の軽視ということに直結する。それは震災後の被災地差別と何ら変わるところはない。

そして感情論は物差しで測ることができないので、どのようにでも自在にコントロールできる。極論として相手の感情論に対し、受け手側も感情論で殴り返すことだって正当化されてしまう。それは単なる野蛮人の世界でしかないのだよね。

            

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2017年3月16日 07:30に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「「認知症なら、運転免許は即返納ですか」という疑問に疑問」です。

次の記事は「マックシェイクの新作は北海道メロン」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2017年5月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31