ぱちんこ屋さんもゲームセンターも減少中

| コメント(0)


先日警察庁から発表された、風俗関連の実情と取り締まりの状況。「風俗」というからいわゆるR18的な男女間のアレ方面の業界動向も当然あるのだけど、それに加えてエンタメ系のお店の実情も紹介されている。より昔からのデータとか細部に関しては、それぞれの業界団体とか経産省の関連データを探ればよいまでの話だけど、最近の状況を掌握するざっと見データとしては悪くない。

で、パチンコ屋さん(警察庁の公的資料ではカタカナではなく平仮名で「ぱちんこ屋」と書くのだね)は確かに数がもりもり減っている。この5年で1割程度の減少。麻雀屋さんも減っている。利用人口が減っていて採算が取れなくなってきてるのだろうなあ......あるいは地元との対立とかも。


かつては不良のたまり場としてPTAから猛烈なバッシングを受けていたとの記録も確認できるゲームセンター。これはパチンコ屋よりも速い速度で減少している。5年で3/4にまで減ってしまった。少子化......というよりはスマホにお客を奪われているのだろうな。だからこそ体験型とか景品モノ、視聴参加型といった、スマホでは味わえない遊びの提供のウェイトが増しているのだろう。

            

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2017年3月14日 07:21に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「日米中韓の高校生の比較調査結果、日本はちょっと他と違う的な」です。

次の記事は「子供の突然住宅内乱入による「トイレ貸して」事案」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2017年5月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31