自動車に乗っていた時にけがをするような事故となった場合、シートベルトをしていたか否かで死亡率は14.4倍も違う

| コメント(0)


先日から警察庁の公開データを精査する機会があり、記事にはならない、できない、するのには少々寸が足りない情報ではあるけど、覚え置きしたい内容の数字動向がいくつか目に留まったので、ツイッター上でいくつかその結果を吐き出していたりする。今件もその一つ。

これは単純な統計結果から導き出した値で、シートベルトの強度による物理的な問題とかは全く関係が無い。要は死傷事故と死亡事故の数字を重ね合わせ、シートベルトをしていたか否かでケガのみで何とかなったのか、それとも亡くなってしまったのかを単純に計算したまでの話。

シートベルトをしていても、交通事故の内容次第では死に至る場合も当然ある。死亡者数自身はシートベルトをしていようがしていまいが、実はさほど変わらない。ただ、シートベルトをしている人における交通事故での死傷者、つまり死亡者以外にけがで済んだ人はやたらと多い。だから結論として、こんな値が出てしまう。

ぶっちゃけると、シートベルトをしていない人は交通規範への心構えもいい加減だから、交通事故の際の状況もスピードの出し過ぎ度合いがひどいとか、交通違反がダイナミックなレベルだろうとかいった推測はできる。統計データがあるか否かは不明だけど、もしあるとすればクロス集計をすると、多少なりとも「シートベルトをしていない人の交通違反は、そうでない人と比べてリスク度合いが大きい」って結果が出るのかもしれない。

しかしそれらの可能性誤差を考えた上でも、やはりシートベルトは交通事故の際の死亡リスクを確実に、言葉通りけた違いに減らしてくれることに違いは無い。

            

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2017年3月 3日 07:53に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「宅配ボックス Amazon Lockerと日本の宅配便のロッカーサービスと」です。

次の記事は「マリカーがいまだに平常運転的に営業していた件」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2017年8月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31