最新版の「青少年のインターネット利用環境実態調査」速報値が発表

| コメント(0)


あるいは速報報道の形で一部では伝えられているかもしれない、ここ数年連続して行われている、小学生から高校生とその保護者を対象にした、インターネット関連の利用実態調査。本家サイトでも精査をしている調査の一つで、先日確認したら最新データの速報が出ていたのでちょいと中身を見た次第。

ただ今件はあくまでも現状では速報でしかなく、詳しい中身は今後発表される報告書などの掲載を待つ必要がある。なのであくまでもざっと見程度。

そのざっと見の限りでは「昨年から続く動きは確かに生じているけど、際立った動きとかは無い」「予定調和的な動きを超えたものは無し」という感じ。高校生のスマホ所有率はもう天井っぽいし、小中学生の従来型携帯の利用減退とスマホ増加は昨年から継続した動きだけど急増ってほどでも無い。小学生はもう少し急カーブを描くかなと思ってたけど、じわりとした程度。

まぁここ数年の動きが加速過ぎたぐらいで、今後はこんなペースでの動きとなるのだろうな。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2017年2月28日 06:49に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「宅配便利用時は確実に一発で受け取れるように期日・時間指定をしよう」です。

次の記事は「転職したけど前より賃金下がったよ、という人に救いの手が」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2018年7月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31