決まりはきっちりと守らないと例外がずるずると広がっていく

| コメント(0)


「たかが数分ぐらい」「一人ぐらいいいでしょ」という、制限ラインの外にいるものの、その差異がわずかだった場合、駄々をこねて自分を例外扱いにしてほしいという心境はよく分かる。限定品購入のために並んでいたら、自分の前で「ここ以降は商品はありません」といわれたら、ものすごく悔しいもの。

でもそれはあくまでも、仕切られた側の発想。気持ちや感情云々で仕切りをゆるやかなものにしたり変更したのでは、その仕切りの意味が無くなってしまう。これは法の問題ではよくある話。感情論を前面に押し立てて例外を認めてくれ、との話は、決まりに対する冒とくですらある。

今件の病院の話はむしろ、誠実さが見受けられるので、良く無いどころかとても良いと判断しても良いぐらい。


ちょいと考えてみれば、そうでなくとも決まりを守る側の立場についたことがある人ならすぐに理解はできるはず。ちょっとした例外が認識されてしまうと、その例外のガイドラインなどはないので、ずるずるとラインが引き伸ばされてしまう。そしていつの間にかラインそのものが無くなり、決まりを守る側が疲弊してしまう。

そうなったら「サービスを提供する側が止めてしまう」という事態に陥るのは容易に推測できる。そうなれば多くの人が一様に不利益を被ることになる。

グレーゾーン周りの話として以前記事にしたのと同じこと。決まりは多数の利益のために存在するのだから、それを個人の不利益になるからといって変更したり例外を認めると、結局皆が不幸になってしまうのだよね。

            

コメントする

            

最近の記事25件

Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2017年2月21日 07:55に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「昔の70代と今の70代は別物ではあるのだけど」です。

次の記事は「突っ張り棒の耐久性をむっちゃ上げるツール」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2017年3月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31