携帯電話のルーツ的存在の自動車電話...それはちがうよ

| コメント(0)


元々スマートフォンなどの携帯電話は、自動車の車内に搭載されている自動車電話が大元になっている。それが鞄型のものになって移動できるようになり、それがさらに小型化して従来型携帯電話、さらにはスマートフォンへと進んだ形。

で、「スマホのおじいちゃんみたいな存在の自動車電話ってこんな形だよ」というボケみたいな感じのネタがこれ......なんだけど。よく考えてみたら、この形(固定電話)の造形を電話と認識できない人も少なくないのではないかな、と思い返す。ボケたつもりが思いっきり滑ってしまうかも。


でもこの自動車電話(間違ってない)、もしかしたらコラージュでは......ということで検索したところ、実在した。実名はそのままTHE PHONE CAR。アート的なものだけど、ちゃんと実働するし、しかも電話特有のベルも鳴る。日本じゃ車検は通らないだろうなあ、という気はするけど。前はどうやって見るのだろう。番号のプレートのすき間から眺めるのかな。

誰かがレゴで作ってくれると面白いのだけど、番号部分が作りにくいだろうなあ(そこかよ)。

            

コメントする

            

最近の記事25件

Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2017年2月19日 06:41に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「HoloLensを使ってきれいな日本地図を描く方法」です。

次の記事は「ニューヨークのトイフェアでレゴの新作がもりもり紹介されているらしい」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2017年3月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31