過去の道具は象形文字となって人の歴史に刻まれる

| コメント(0)


先日の固定電話の受話器が形として少なからぬ人に認識されない、知らないものであるとのお話でちらりと触れた件。自分でもああなるほどそうかという結論に、ちょっとびっくりしたこともあるので、改めて覚え書き。

かつて使われていたけれど今はもうほとんど見られない、使われていない道具が、何らかの形でデザインとして利用される。これってまさに象形文字の創生過程そのものなんだよね。ヒエログリフとか漢字とかが良い例だけど、文字のルーツとなった道具とか行動とかはその少なからずが今は存在しない、あるいは存在していてもそのように認識されることは無い。でも形そのものはそれを象徴する、あるいはそれに類する要素としてのアイコンとなり、使われ続けている。まさに電話の受話器やフロッピーディスク(3.5インチではダメで5インチとか8インチにすべきだとの話もあるけど、セーブアイコンとして使われているのはこちらが主流)もその流れ。

ただ気になるのは、象形文字...というか象形アイコンとかデザインとすべきなのかな? にシフトする時間が、既存の象形文字と比べるとあまりにも早い気がする。やはりこれは、技術の進歩が加速度的なものとなり、時代遅れとか流行り廃りがスピードアップしているからなのかな、と思ったりもする。

ともあれ今後この類の道具とアイコン・デザイン化したものと、現状では認識されないといった世代間ギャップ、テクノロジーギャップの話が出てきたら、「それは象形文字化したんだよ」と考えればいいんだな。

            

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2017年1月31日 07:03に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「都内タクシーの初乗りが約1キロ410円に引き下げ」です。

次の記事は「やりたいことは多いけど寿命が尽きる前に意欲が尽きる、との指摘」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2017年5月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31