レゴのセットで用意されたパーツだけでテーマに合わせて別の造形を作る楽しみ

| コメント(0)


先日のスターウォーズのセットに入っていたフィギュアの組み合わせ変更でスターリンを創るのも一つの例だけど、年末年始にかけて、レゴのパッケージに入っているパーツをうまく組み合わせ、そのパッケージの完成品のテーマにマッチした、しかも別物を創るという遊び方をしたステキナイスな作品が続々とツイッター上に挙がっている。

例えばこれ。テクニックという造形の良さにスポットライトを当てたシリーズのバイク。二つ目の写真にある通り、BMW製のがっつりとしたバイクが完成するはずなのだけど......。


なぜか陸上自衛隊でも活躍しているリアカーが完成してしまう。それだけでも吹き出す結果なのに、さらにライダー......というかこの場合はキャリアー、かな、まで作ってしまっている。ちゃっかりと旗まであるよ。

レゴは自由度の高い玩具ではあるから、説明書の通りに組む必要はまったくないのだけど、いきなりこんなハイレベルなものをセット内のパーツだけで仕上げ、しかも「乗り物」というテーマにマッチさせ、さらに運転手(これならオッケー)まで作り上げてしまう。この発想は無かったし、その自由なデザイン力には感服もの。


年がら年中犯罪が起きまくっているレゴシティの警察車両で、ポリス用のパワーローダーを作ってしまったり、お正月向けのニワトリの造形で年賀状みたいなプレートを作り上げるとか。ソーシャルメディア上のお遊びとか「笑点」でのやりとりのように、お題を決めてその中で色々と想像力を働かせるとの観点で考えると、「商品内のパーツで仕上げる」「商品の元々のテーマにマッチしたものを創る」縛りがあるので、同じようなことができる次第。適切なセットを選択することで、色々と面白い遊びができるかもしれないね。

            

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2017年1月 6日 07:50に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「一人暮らしで気を付けることのチェックリスト」です。

次の記事は「ワンハンドで食べられるブリトーをお好み焼き風にするという発想」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2017年5月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31