大手コンビニのPB冷凍食品が小洒落た喫茶店のメニューのようになっていた

| コメント(0)


先日の通院帰りにファミマに立ち寄り、久々にコンビニの餃子の味比べでもしてみようかな......と思って冷凍食品コーナーをチェックしたところ、かなりの違和感。パッケージが随分とシャレた配色になって、なんだかPB(プライベートブランド)のような感が無い。イメージチェンジでもしたのかなとよく見ると、商品名もあおりのキャッチコピーがもりもり加わっていて、記事タイトルにあるように小洒落た喫茶店のメニューな感じ。

何気に多くの商品が値上げされていたのを合わせ考えると、コストアップに対応して販売価格も引き上げた際に、ちょいとばかりの高級感を出そうとしたのかな。確かになんかおハイソな雰囲気。


で、もしかしてと思い、ローソンとセブン-イレブンにも足を運んで確認したら、やはり同じような感じ。セブンはまだパッケージが以前のPB的な雰囲気を残しているけど、ローソンはやはりおしゃれ風。そして商品名もサイトでの紹介ではともかく、パッケージには一言二言三言、あおりのコピーが加わっている。

どれぐらい前からだったのか記録が無いので確証は持てないのだけど、やはり価格引き上げに伴う高級感の付加とか、市場拡大に伴い他社との差別化のための工夫の一つなのかなあ、と。購入時に手にとったりかごの中に収める時も、やはりこんな感じのおしゃれなデザインのほうが、気後れすることなくできるよね。

            

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2017年1月28日 06:52に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「郵便局好きにはたまらない「郵便局ガチャコレクション」の続編が登場」です。

次の記事は「グーグルのリアルタイム翻訳ではないねこTシャツ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2017年5月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31