ジンジャーエールでは無いコカ・コーラのジンジャー入りとは

| コメント(0)
コカ・コーラシステムは、冬の季節にぴったりの"しょうが"フレーバーを楽しめる「コカ・コーラ ジンジャー」を1月23日(月)から全国で発売いたします。


これからのかぜの季節にぴったりで、日本人に親しみのある食材と言えば"しょうが"です。"しょうが"は、ほどよいスパイシーさと独特の香りで、日本でも広く親しまれています。「コカ・コーラ ジンジャー」は、「コカ・コーラ」史上世界で初めて、"しょうが"から抽出したフレーバーを使用し、これまで体験したことのない、スパイシーでドライな味わいを実現した新製品です。また本製品は、日本の冬における"しょうが"のニーズにあわせて開発されたもので、日本、オーストラリア、中国などで展開し、アジアでは日本が最初の発売となります。


当方が大好きな炭酸飲料の一つ、ジンジャーエールってのはその言葉の通り、ジンジャーことショウガが入っている。今件商品はジンジャーエールではないけどショウガが入っている炭酸飲料ってことで、第一印象は「誤植かな?」という感じ。そりゃファミレスのドリンクサーバーなどでコーラとジンジャエールを混ぜて飲むことも無いってわけじゃないけど、本家大元がそれをやってくれるとは......当方大歓喜。

「しょうが」と書かれるとちょいとドキッとする人もいるかもしれないけど、商品名の「コカ・コーラ ジンジャー」ならウケはいいはずだ。

問題なのはやはり味わいだね。こればかりは写真や文章だけでは自分自身とのマッチングを確かめることはできないからねえ......。来月の23日発売ってことだから、あと一か月ほどは待たねばならないのか。

話によるとお酒に割って飲むと良いのではとの意見が結構見受けられる。当方はお酒はたしなまないけど、梅酒なら風邪ひき気味の時に飲んだりするので大丈夫。梅酒割りで飲んでみようかな。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2016年12月20日 06:40に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「「無料部分は広告」との考え方と有料へのステップの登らせ方と」です。

次の記事は「プーチン氏のフィギュアのサンプルが卑怯だという話と、コラ写真のフィギュア化と」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2019年11月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30