マクドナルドのハッピーセットは妖怪ウォッチのおもちゃ

| コメント(0)
日本マクドナルド株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長兼 CEO:サラ・エル・カサノバ)は、アニメやゲームで子供たちに人気の「妖怪ウォッチ」のおもちゃがセットになった、ハッピーセット「妖怪ウォッチ」を2016年12月16日(金)から期間限定で全国のマクドナルド(一部店舗除く)にて販売いたします。


今回のハッピーセットには、ジバニャンやコマさんはもちろん、USA(うさ)ピョン、ロボニャンF(エフ)型、トムニャンなど人気の妖怪のおもちゃが勢ぞろいします。緑のギフトボックスの上に頭を置くと体が飛び出すジバニャン、まわりの音に反応してしゃべるコマさんとコマじろう、3つのボタンのうちどれかを押すとボックスから飛び出すロボニャンF(エフ)型など全8種が登場します。すべてのおもちゃには、手品やにぎやかな音が出るなどの楽しい仕掛けがついており、年末のパーティー等にぴったりのおもちゃです。ぜひご家族やお友達と一緒にお楽しみください。


一時期のハッピーセットのおもちゃは造形が今一つ二つ三つぐらいの出来栄えで、地雷源を駆け抜けるが如しの内容だったのだけど、昨今では夜に悪夢として夢に出てくるようなものではなく、そこそこ良い出来栄えのものがラインアップされ、安心してチェックが可能となった。今件の妖怪ウォッチも、写真を見る限りでは無難な感はある。もっとも、元々造形がラフなギャグ系アニメをベースとしているので、作りやすいのかもしれない。

妖怪ウォッチをテーマにしたおもちゃは、今年の夏に展開されたものに続き二回目......だったかな。クローズドパッケージで、開けてみるまで中身が分からないってのがちょっとつらい(しかも8種類だからコンプリが大変)けど、それぞれ結構よい出来栄えっぽいし、ギミックも洒落ている。

しかしウィスパーの「おもしろい音が鳴ります」ってのは随分と雑な説明で、逆にどのような音なのかが気になってしまうな、これは。元々「妖怪ウォッチ」が子供向けの作品であることを合わせ考えると、結構人気がでるんじゃないだろうか。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2016年12月10日 07:12に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「去年一年間にインフルエンザで亡くなった人は2262人」です。

次の記事は「レゴでミゼット2の青色バージョンができました」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2019年9月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30