「【悲報】」のような感情ワードを題名に別途つける記事は原則スルーで問題なし

| コメント(0)


先日のDeNAのWelq問題に端を発した、自称キュレーションサイトなどへの再評価問題。大ボスの一つであるネイバーまとめのてへぺろ対応を見るに、闇はまだまだ深く、状況の改善を期待するのは楽観的過ぎるかなという気がするのだけど。

現状でまだ具体的な動きを見せていない、以前は悪質系まとめサイトと当方が呼んでいた盗用サイト(パクリサイト)でよくある、しかしながら最近では普通のサイトでも使われる機会が出てきた「【朗報】」「【悲報】」などのような、感情ワードをタイトルにつけるスタイルの記事について、基本的には読むに値しないというのが一つの結論。


指摘の通り、元々2ちゃんねるやあめぞうなどの文化がそのまま継承された形とも表現できるけど、同時に記事としては意義のないものであるとの宣言と見なしても良い。他にもいくつかテンプレート的なフレーズも同様。


最近では一部大手報道ですら使い始めたけど「w」などの草生やしも同様。あらゆる場所で使うなとは言わないし、むしろそれは暴論ですらあるのだけど。不特定多数に読んでもらうための文章において、それを使ってよいのか否か、使われている文章を読むべきが否かってのは、別の問題だと思うのだな。口語体でビジネス文章を書いて良いのか、という感じかな。

まぁ、一連のキュレーション問題において、盗用サイトへも何らかの動きがあれば、この辺りも色々と変化を見せるのだろうし、それに期待したい部分もある。

            

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2016年12月 7日 07:54に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「コンビニや郵便局の出入り口は自動ドアか手動ドアか」です。

次の記事は「胃腸の調子が悪い時の食事ラインアップ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2017年5月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31