レシピを通して距離を、時代をこえる試み

| コメント(0)
大学共同利用機関法人情報・システム研究機構 国立情報学研究所(NII、所長:喜連川 優、東京都千代田区)と大学共同利用機関法人人間文化研究機構 国文学研究資料館(国文研、館長:今西 祐一郎、東京都立川市)は11月24日より、江戸時代の料理本に書かれた調理手順をデジタル化し、現代の人々でも使える形式に整備した「江戸料理レシピデータセット」の公開を始めました。また、現代語訳、および、現代の「レシピ」形式に編集したデータを、同日から料理レシピ投稿・検索サービスの「クックパッド」でも公開します。

先行記事で「3Dプリンタがあればデータの受け渡しで、体現化したものを自在にやり取りできる」といった話をした。インターネットの普及に伴い、情報は距離を超えることが可能となった。この発想に基づけば、過去の情報をすくいだしてデジタル化できれば、時すら超えることも可能となる。

で、まさにそのような発想なのが、今件の「昔の料理方法の教本」の翻訳化とレシピ化。詳しくはリリースに書いてあるけど、江戸時代の料理教本のうち卵料理部分について、崩し文字を普通の文字化して現代語訳し、さらにその内容を現代風にアレンジしてレシピと化している。

現代語訳しただけでオシマイってわけではないのは、当時は電気製品などあるはずもないし、分量的に無茶があったり明記がされていなかったり、調理方法が違っていたため、そのままで現在に料理を再現しようとすると無理が生じるため。料理の専門家に見てもらい、今風のレシピとしてアレンジした次第。

現代レシピ風にまで書き直したのは、全作品107点中5点のみってのが少々残念ではあるのだけど、面白い話には違いない。味はどうなんだろうなあ、という興味関心が湧いてくる。まぁ、料理の専門家が監修したのだから、食べられないようなものでは無いのだろうけど。当時の味覚の標準を知る意味では良い資料になるだろう。

レシピはいわば料理の設計図。設計図があればだれでも同じものが作れる......わけではないのだけど、距離や時代を超えてモノを体現化できるってのは、やはり素晴らしいお話に違いない。まだ現代レシピ化していないものとかはもちろん、他の時代の料理資料も似たような試みをしてほしいなあ。

            

コメントする

            

最近の記事25件

Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2016年11月27日 07:32に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「38度以上の熱を出して解熱剤と吐き気・下痢止めを飲みながら仕事に立って自慢するのは褒められるような話じゃない」です。

次の記事は「居酒屋で数人前をまとめて頼んだ時に出てくる山盛りのからあげ山は幸せの体現化」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2017年3月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31