伊東の駅前のそば屋さんでのカレー(試食レポート)

| コメント(0)


こちらも先日の伊東への旅行でのネタ。集合地に早めについてしまって、昼飯もまだだったのだけど、土曜日であることと雨が降っていたので普通の売店はシャッターを閉じていたし、開いている店は大行列でどうしようもなく、ファストフードチェーン店の類も見つからず、いわゆるうらぶれた系喫茶店や食堂をのぞいてみたらランチメニューが1500円とかアゴが外れそうな状態だったので、いつものパターンで駅前には必ずある、そば屋さんに足を運ぶ。

で、いつもの通りそばやうどんではなく、カレーを注文。

そば屋などに立ち寄った際は、必ずカレーを頼んでいる。そばやうどんなどの麺類よりも、その店の味の本質を見極めやすいのがその理由。カレーって、下手すると手を抜くし、うどんやそばと異なり、卸しの時点で味がほぼ決まるってこともない。また、その店独自の工夫がなされていることも多いのが、楽しみだったりする。

ここのカレーは普通盛りが写真のように大盛り状態で380円。お肉片は店頭に飾ってあったサンプルよりも少なかったけど、まぁ、こんなもの。付け合わせのお漬物は自分で自由に量を調整できる。写真では少ないように見えるけど、これは当方がしょっぱいものが苦手なため。

ここのカレーは合格点。観光地にありがちなぼったくりでは全然なく、味もうまく調整され程よい旨味が出ている。この類の店ではおなじみの、トッピングとしてのコロッケや唐揚げ、ちくわ天が無かったのは残念だけど、お店の面積の狭さとメインとなるお蕎麦など向けの天ぷらの味が落ちかねないことを考えると、仕方がないのかな、と。

            

コメントする

            

最近の記事25件

Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2016年9月27日 06:28に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「別の視点から見た日本国債の保有者比率(2016年Q2まで)」です。

次の記事は「リアルなペッパー君をはじめて直に見たよ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2017年1月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31