複数枚でも文字制限外ってのは変わりなし...ツイッターの文字数制限仕様変更、追補的に

| コメント(0)


先日発表、同時に施行された、ツイッターの文字制限の緩和化。画像や動画、投票、(公式)引用ツイートに関しては文字数制限からは除外されるとの話。で、複数の画像はどうなるのかなあ、という疑問が当然わくわけで、やってみたら問題は無く、という結果に。まぁ、指摘もあったんだけど、投稿後の画像処理を見ればわかる通り、一枚だろうが複数枚だろうが、一括で処理されているので、違いが生じるわけではないのだけど。

で、前回の記事でも触れているけど、今回の仕様変更には、URLやアカウント名は対象となっておらず、相変わらず140文字の文字制限数に含まれる。URLは短縮された上での文字数だけど。これは悪用を防ぐため。これらの文字列が制限外となると、その部分をそのままメッセージとして用いることで、いくらでもツイートする文字数を増やせるからね。例えば「@今サイトでは本家サイトとは一味違う視点、スタイルでお気軽なニュースをお送りします。また覚書的な場所も兼ねていますので、後日本家サイトで詳細を解説した記事が掲載されることもあります」とか「http://最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます」というアカウント名やURLでも、文字数制限からは除外されてしまう。これはダメだよね。

余談だけど、サードパーティーのクライアントソフトでは、この仕様変更に対応しきれていないようで、画像表示やURL表記の上で、一部不具合が生じていることが確認されている。この類の問題はじきに解消されるだろうけど、しばらくは違和感を覚える表示となりうるので、ご注意あれ。

            

コメントする

            

最近の記事25件

Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2016年9月21日 06:44に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「豊洲事案はたたみ大のリトマス試験紙になりつつあるな、という実感」です。

次の記事は「高校生のスマホ普及率は93.0%、機種はiPhoneメインで大体3/4」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2017年3月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31