カラムーチョの新作はわさび味、志村けん氏も登場

| コメント(0)
株式会社フレンテの事業会社である株式会社湖池屋(本社:板橋区/社長:田子忠)において、この度辛味系ブランド「カラムーチョ」と、酸味系ブランド「すっぱムーチョ」に代表される「ムーチョブランド」の新キャラクターとして、志村けんさん扮する「ひとみおばあちゃん」が就任することとなりました。


発売以降、30年以上「ムーチョブランド」を盛り上げてきた「ヒーおばあちゃん」と「ヒーヒーおばあちゃん」には、この度20"16(慰労)"年の敬老の日を含むシルバーウィークを前に、長年のお勤めへの感謝をこめて当社より「ボーナス休暇」を進呈。長年の労をねぎらい世界一周旅行券をプレゼントしました。それに代わる新しいムーチョブランドの顔として、笑いでお茶の間に「驚きと楽しさ」を提供してきた、志村けんさん扮する「ひとみおばあちゃん」にオファーし、この度新キャラクターとして就任いただくこととなりました。ひとみおばあちゃんの『ムーチョだヨ!全員集合』のかけ声のもと、新ブランド「わさムーチョ」が集合(9月19日発売)するのと同時に、ムーチョブランドの商品パッケージやキャンペーンに登場します。


カラムーチョのキャラで有名な「ヒーおばあちゃん」と「ヒーヒーおばあちゃん」には慰安旅行をプレゼントし、その代役として志村けん氏をひとみおばあちゃん役として抜擢。色々と驚きではあるけれど、志村氏はそのまま、慰安旅行から帰ってきた二人のおばあちゃんと相並んで定番キャラになるのだろうなあ、という感もある。

商品の方はわさび味のカラムーチョ。説明によると23年ぶりの新ブランド......ってその前の新ブランドは1993年のすっぱムーチョということだから、わさび味は今回が初めてなのか。

他社のポテトチップスではわさび味が結構メジャーではあるけれど、そういや今までカラムーチョシリーズで無かったのが不思議。それと共に、和風のわさび味であることに加え、イメージキャラクタを志村氏に用いたのも合わせ、多分に高齢者向けの商品展開なのだろうなあ、という感もある。ただ、わさび味のポテト系スナックはよほどアレなモノでない限り美味いのは鉄板なので、これにも期待は大。


そういや志村氏って入院してなかったっけかと精査したところ、今回のわさびムーチョの発表会に合わせ、退院後の初会見的なものも行ったとの話。そして「ひとみおばあちゃん」の由来はコント中での「ひとみばあさん」からつけたとの話も。なるほど。

まぁ、無理をせず、気長にわさムーチョのキャラを続けてほしいものではある。

            

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2016年9月16日 06:50に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「キャラメル味なマックシェイクが出て来るぞ」です。

次の記事は「謎肉祭が売れすぎて一時中止。再開は10月下旬目安」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2017年5月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31