右クリックでの選択肢にいつもどきどき感

| コメント(0)


先日、通常のファイルを右クリックで操作する時に「削除」と「ショートカットの作成」が並んでいるので、削除をするつもりがついショートカットを作成してしまい、ホルダーやデスクトップがえらいことになってしまうという話をした。実はこれと似たような話が、USBによる外部接続の周辺機器にもあったりする。

USBの外付けハードディスクを用いてデータの転送をする時に、すぐに直接線を抜くと、色々とやっかいなトラブルが生じ得るので、該当するドライブを指定して「安全に取り外す」を行い、認識がされなくなってから抜くのは、リスク軽減のためには欠かせないプロセス。で、それをやろうと右クリックをすると、こんな感じでその直上にフォーマットの選択肢があり、いつもどきどきさせられてしまう。万一、こちらをクリックしたらどうしよう、的な。

実際に選択をしてしまったことは無いし、常識的に考えれば選択をしても最終確認のウィンドウが開くだろうからさほど心配はいらないはず、なのだけど。もとより、USBで接続した周辺機器の取り外しをする機会は昔ほど無くなったけれど(USBメモリですらあまり使わなくなった)、この辺りはどうにか上手い方法はないのかなあ、という感はある。フォーマットをしないわけじゃないから、この選択肢を削除するってわけにもいかないし、ねえ。

            

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2016年9月13日 07:35に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「新ナビスコのリッツを旧ヤマザキナビスコや新ヤマザキのルヴァンと食べ比べてみたレポート」です。

次の記事は「ブルーシートはなぜ青いのか」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2017年5月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31