疲労回復のコーヒー、名前は英雄回復。なんでだろうと良く見たら......

| コメント(0)


先日ツイッターのタイムライン上に挙がってきたコーヒー缶の写真。「ドライバー必見!」とあり、コーヒーが映し出されているので、まあ眠気覚ましなどには欠かせないよね、というのは分かったのだけど、なぜ「嫌いじゃない。むしろ好き。」なのかなあとじっと目を凝らしてみたら。

商品名が「英雄回復」。えーと、それはどういうこと? とさらに注視したら「英雄」の読み方が「ヒーロー」。ヒーロー回復、ひろう回復、疲労回復。ああ(腰から砕け落ちる)。

で、半ばネタものかなあと思って色々と調べてみたら、これが大実在するアイテム。


詳しくはリンク先で確認してほしいのだけど、タクシー会社の荏原交通が運転手のためのコーヒーの開発を依頼し、作り上げたコーヒーなのだそうな。「アミノ酸による疲労回復効果をプロドライバーに体感してもらうためにコーヒーの開発」とか、モノスゴイ字面がさらりと書かれている。疲労回復とかだとシンプルなので英雄をヒーローと読ませ、ドライバーを英雄的な職務についている的ニュアンスをも持たせているあたり、なんだかコピーの圧倒的勝利感。

こういうノリってホント好き。どんどんこの類のは推し進めてほしいよね。

            

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2016年9月12日 06:44に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「グリコの新作はジャイアントコーンもパピコも抹茶尽くし」です。

次の記事は「メロンパンは毒なので食べるとデンジャー的な記事にあれこれ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2017年5月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31