ツイッターで「お使いのアカウントに不自然なアクティビティを検出しました」とパスワードの変更を求められた件

| コメント(0)
先日朝方発生した事案。ログアウト状態からログインをしようとしたらこのような画面が。いわく、「お使いのアカウントに不自然なアクティビティを検出しました」、つまりアカウントに対して何か不自然なアクションがあったのでアカウントをロックしたから、パスワードを変更してね、とのこと。で、登録されているメールアドレスに変更用のリンクを送ったから、そのリンクをたどって指示にしたがってちょ、とのこと。 IDやパスはサービス毎に変えているからどこか別の場所で流出したデータが流用されたことはありえないし、何でいきなり......とはいうものの、この画面自身にハッキングの様相はないし、送られてきたメールもちゃんとツイッターからのものだったので、とりあえず指示に従う。で、早速過去ログとか連携アプリの類を確認するも、何の問題も無し。何だったんだろう、もしかして個人攻撃かもということで、しばらくは黙っていたのだけど。
どうやら同一現象が同一のタイミングで多数の人に対して生じたらしい。そしてツイッター社からの公的な見解は無し。色々と可能性はあるけれど、「本当にアタックが同時多発的になされて一斉にセーフティが働いた」「ツイッター側の管理機能か何かの誤動作」「不自然なアクティビティを検出と説明すればみんな驚いて必ずパスワードを変更するから、定期的に一定の人に送ってセキュリティを上げようという目論見」のいずれかかな、と。 ただここ数日、特定サイトに対してDosやらDDosの攻撃の報道がなされ、実際に一部サイトではその影響を受けてアクセスし難くなっているのもあるので、その方面の影響の可能性も否定できない。 真実は神のみぞ知る、というところかと。
            

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2016年9月 4日 06:42に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「具体的な事故の状況を示すピクトグラムの想い」です。

次の記事は「大学に入ることと学業の機会を得ることと将来に役立つか否かと」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2017年5月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31