まんが4コマぱれっと 2016年11月号読了

| コメント(0)
↑ まんが4コマぱれっと 2016年11月号
↑ まんが4コマぱれっと 2016年11月号


定期購読刊の4コマ誌のうちの1つ。一迅社発行。表紙は「未確認で進行形」。本誌が創刊10周年を迎えた号ということもあり、お祝いモードの正装でケーキ付き。表紙もコーティング加工のため色のノリもいいのだけど、フラッシュの光が(汗)。読者プレゼントもゴージャスに、主要執筆陣の直筆サイン色紙。でも各1名なんだよね...確率論的に当選は非常に難しい。でもチャレンジ、アタック、砕けろ。

■スターマイン......巻頭カラー。前回の続きで、風邪引き状態の星娘の看病の巻。まあ女性だからそうしてほしいよね、的な。しかし微妙に不幸フラグが立ちまくりな風見さんであった。お泊り話ってことでもう一回引っ張れそうな気もするけど、メインの星娘が倒れていると話も回しにくいのかも。
■未確認で進行形......別雑誌の別作者のだけど「箱入りドロップス」とはまた違った、お互いが手探りしながらの距離の近づきあいの雰囲気がとても良い。もちろんその周辺で色々とネタを振りまくサブキャラも活き活きしている...と最近特に個々のキャラが活きてきている気がする。
■だんちがい......巻中カラー。制服は憧れを抱くもの。なれるとかえっていやになる場合もあるけれど。
■かさねインテグラる......色々非常識なことが続けば、ましてや自分自身のこととなれば、ストレスもたまるものです。当然のごとく、発熱と。姉的な存在の一重の正体がちょっと不思議な話にいきそうで。可能性未来の随時変化型とか、結構面白そうな設定の予感。
■あまえキビシ......早くも正体ばれ、で意外な方向に。それにしても話のほとんどがメロンで費やされるあたり、相変わらずである。
■氷室の天地......2月15日。色々な意味で運命の日、だけど一般人には普通の、ちょっとした災害にしか認識できない。まぁ、主人公はちょっとした気配には気が付いているけれど、それが限界。後始末と、今後はどうなるのか、かなり気になるところ。
■くらまちゃんに以下略......10周年記念号で最終回とはなんとも区切りが良い話。最後の数回はかなり駆け足感だけど、一応あちこちの伏線はすべて回収したということで、先のフィットネスよりは随分ときれいにまとまった形に。そしてオチはやはりそれですか。まぁ、ツンがツンデレになったのはよかった、のかな。

次号はだんちがいが表紙、集中連載でサキュバスさんのはつしごと。(仮)(しの先生)。そして......

↑ 「スターマイン」7巻と「くらピシャ」の2巻が同時、2016年11月22日に発売決定
↑ 「スターマイン」7巻と「くらピシャ」の2巻が同時、2016年11月22日に発売決定


「スターマイン」7巻と「くらピシャ」の2巻が同時、2016年11月22日に発売決定。双方ともA5判で本体価格800円+税......ってことは特装版は今回は無し、かな?

            

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2016年9月21日 12:21に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「良い人材はほしいけれど給金は出せないという矛盾を解決するための「対策」がさらなる状況悪化につながる」です。

次の記事は「レゴをシンプルにラジコンカー化する方法」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2017年5月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31