「10年使えるパソコンが欲しい」「10年前にはiPhoneも無かった」

| コメント(0)


昨今のデジタル系技術の進化スピードはダイナミック的なもの。従来型携帯電話からスマートフォンへのシフトが、この5年ぐらいの間に生じたことを思い返せば、それは容易に理解ができるはず。統計的には10回分ぐらいのデータ取得があった方がいいのだけど、年単位の調査だとそこまでいく前に、主要機器の代替わりが生じてしまう。

たとえば冷蔵庫や洗濯機、自動車なども大丈夫かな、それらは言及されている通り、多少値が張るものでも10年単位で使えるものを調達した方が、色々と安心感は得られるし、使い勝手もよいものとなる。エアコンは......年々省エネ技術が進んでいるので、最新型のに買い替えた方がかえって安くつくこともあるので、何とも言えない。あ、冷蔵庫や自動車も燃費などのランニングコストを考えたら、今現在利用し始めてから10年単位で経過しているのは、買い替えた方が良いのか。

で、パソコンの場合はというと、携帯電話同様に、スピード感がものすごい。また、実のところハードディスクの寿命も一般的には5年前後といわれているので(3年ぐらいしかもたないとの話もある)、10年ってのはまず無理で、5年ぐらいを目安にした方が良いという言葉は言いえて妙ではある。

ちなみにiPhoneが誕生したのは2007年。だから10年経っていないっのては事実ではある。驚くべき話なのだけど。


他方、先日ようやくWindows10搭載機に差し替えが終了した、当方の作業端末。これまではVista搭載機だったんだけど、これ、調べなおしてみたら2009年に調達したんだよね。大体7年はもったことになる。VistaのOSレベルでのサポートが来年初頭だから、ぎりぎりまで使い倒したことに。ハードディスクも少々怪しげな挙動をしていたので、まぁ、言葉通り使いつぶしたって感じなのかな。後できれいに掃除しなおして、その上で供養することにしよう。

ともあれ、パソコンは5年...と思ったのだけど、【パソコンの買い替え年数をグラフ化してみる】によれば、平均的なパソコンの買い替え年数は6.0年なんだよね。1年ぐらいはだましだまし使ってるってことなのかな。

            

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2016年9月28日 07:03に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「自分でアレンジできる賃貸住宅をUR実証実験的に展開」です。

次の記事は「犯罪報道とその詳細の解説と模倣リスクと」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2017年5月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31