パクリとオマージュとパロディのちがい

| コメント(0)


似たような話は以前取り上げた記憶もあるのだけど。当方は絵を描くたちではないので、直接関係は無いかな......と思ったけれど、自分が読んでいる本とか作品集の中で、時折「これはパクリだ」と糾弾されてしまう事例があり、パクリとそうでないものの境界線ってなんだろうと思い返す機会とか、文章の中でも類似事案は少なからずあるので、やはり覚え書きはしておいた方がいいのだろうなあ、と。

パクリは元ネタが存在すること、それをトレース的に用いていることを知られたら困る。コピペみたいなもの。オマージュは言葉の元々の意味の通り、元ネタに敬意を示し、その上で味わうと色々と、一層ニヤリとできるもの。パロディは元ネタが分かるのが半ば以上に前提となっているもの。オマージュは元ネタが分からなくても楽しいけれど、分かるとさらに楽しい。でもパロディは元ネタが分からないと楽しさが理解できないってのも結構ある、というかその方が多いかも。

ただ、パロディの中には楽しみ云々では無くて風刺として使われることも多々あるし(オマージュでもそこまで見通してのものもある)、パクリもトレース云々の話で見た限りにおいては「それは果たしてパクリといえるのか」というものもあって、オマージュやパロディとはまた別の境界線的なものが曖昧になっている感じはする。

文章の場合も他所のコピペは言語道断ではあるけれど、引用との兼ね合いとか、やはり境界線が色々と難しいような気がする。むしろそのようなきわどい部分を気にしなくても良いように、上記の定義をしっかりと見極めて、パロディやオマージュを成すようにすればよいのかな。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2016年8月30日 07:25に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「台風10号の軌跡とガセ画像と」です。

次の記事は「「半年ROMれ」と新兵の直前線送りと」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2021年3月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31