走馬灯 正体見たり 誤字ツイート

| コメント(0)


パソコン上で打ち込んでいた文章の画面からのチェックでは何の問題も無かったはずなのに、プリントアウトして読み直すと、間違いに気が付くことがある。これは目を通す媒体の違いによる脳内の処理の仕方に差異があるからだ......的な話は以前触れた記憶もあるのだけど。それと似たような話で、環境なり意気込みなりが変わった瞬間に、ふとしたミスに気が付く事ってのはよくある話。印刷した時に誤字に気が付くってのはまだ何とかなるけれど、送信後のメールの誤字とか、ツイート後の誤字ってのは取り返しがつかないからタチが悪い(まぁツイートの場合は消して再送信すればいいんだけど)。

この論理で考えると、「人生の過ちは死ぬ瞬間に気づくことになる」ってのもあながち間違っていない気がする。当方はまだ死んだ経験が無いので(当たり前だ)これが確かなものか否かの確認は取れないのだけど、物語などの描写ではよくあるし、死期が近づいた人の語りとしては実際にも結構見聞きするパターン。

......となると、よく言われる「走馬灯」ってのはこれの一種なのかなあ、という気がする。もっとも厳密には死んでから気が付くことになるので、それができるのか否かは分からないけれど、死が確実であると認識した時に、これまでのあれこれがよみがえり、過ちを多分に思い起こすってのは、考え方としては間違っていない。夢も何もあったものではないけれど。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2016年7月21日 06:32に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「フルーツグラノーラリング(ローソン) 試食」です。

次の記事は「自動車内のエアコン、もっとも効率的なのは「エアコン+窓全開走行」でスタート」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2018年7月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31