「メガネは顔の一部」どころか「からだの一部」なんだよね

| コメント(0)


当方は幸いにもまだ眼鏡はかけていないけれど、先日のトラブルで眼鏡を必要とする生活を覚悟したこともあったし、【子供達の視力の推移をグラフ化してみる】にもある通り、高校生では過半数が視力0.7未満で眼鏡をかけた方が良い状態。眼鏡は今やごく当たり前の、身体上の機能低下をサポートする機器に他ならない。ただそれがあまりにも一般的過ぎており、かえって軽く見られているのかもしれない。

今件はそんな状況に関するお話。要は眼鏡を使っている人に対し、その眼鏡を乱雑に扱い、いたずらする人が後を絶たないというもの。分別がまだついていない子供ならともかく、大人までその類のやらかしをするケースは無いとはいえない。


指摘されている通り、眼鏡って結局のところ義足や車椅子、補聴器と同じ。それらへのいたずら、破損行為がどれだけ罪深いかをイメージ出来れば、眼鏡への茶々はできないはず、なのだけど。この「一般的過ぎて」ってのがかえって仇になっているんだろうな。日々の生活を支えるインフラに対する軽視行為などと、本質としては同じ。


当方はメガネ専門店に足を運ぶ機会がほとんど無いので、具体的にどのようなものがどれぐらいで販売しているか、どれほど調整に苦労するのかを実体験したことはないのだけど、精密機器の類である以上、相応のものに違いは無く。プロスポーツ選手が使っている、その競技用の道具と同じようなもの、と表現すれば良いのだろうか。使い手に最適化されたものは、結構な手間がかかっているのだよね。


そして何よりも基本はこれ。価格がいくらだろうと汎用品であろうとなかろうと、他人の持ち物を勝手にいじっていたずらする行為が良いことであるはずがない。これは常識レベルのお話だと思うのだけどね。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2016年7月17日 07:34に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「ヤフーニュースのソーシャルメディアへの告知と実際の掲載と」です。

次の記事は「心のあんねいと割り切り、とても大切」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2019年9月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30