レゴで選挙カーを設計してみました

| コメント(0)


頭の中の想像による組み立てだけでは限界があり、先日導入したレゴデザインのツールLDD。操作に慣れると色々と面白く、これまで創りたかったけど無理だろうなというネタを、試行錯誤しながら設計している。どうも登録されているパーツと実際に調達可能なパーツとの間にはいくぶんのギャップがあったり、色合いの部分でいくぶんのバグがあったり、ラインアップ上のパーツを探し出すのにまた多分な難儀を覚えていたりはするけれど、脳内&メモ用紙に覚え書きをしていたよりかははるかにスマート。接続が可能か否かをすぐに確認できるのが最強。

選挙周りの情景撮影用パーツとしては、先日投票所を創り上げたけれど、それと同じ位に構築したかったのが、選挙カー。上に候補者などが乗っていたり、選挙カーの前でちょっと高い壇にのって演説したり、その周辺に人だかりができていたり。いかにも選挙運動期間中って情景には欠かせないアイテム......なんだけど、セットでは存在するはずも無く、自前で作るしかない。

車両の設計自身も経験が無いので、足回りは特に難儀したけれど、ようやくバンによる選挙カーっぽいものができた。文字周りは原則「既存パーツのみ使用」なので、看板っぽい色のプレートを使うまでに留めた次第。見た目では分からないけれど、後部は一応開閉ができる状態になっている。

LDDでは自動で設計図の生成やパーツ一覧のリストをexcelファイルで出力してくれるので、あとはこれを元にそれらを抽出して必要なものを注文するだけ。パーツ数は大よそ200。思った以上に多くなってしまった感はある。コストはどれぐらいになるのかな......。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2016年7月 1日 07:54に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「参議院選挙のポスター掲示板に同じ絵柄の、候補者名・写真が無いポスターが複数連続して貼られている件」です。

次の記事は「なかよし7月号が「CCさくら」効果で完売、3年4か月ぶりとの話」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2019年11月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30