LDD(LEGO Digital Designer)が突然動かなくなりました(涙)

| コメント(0)


先日から何度となく紹介している、レゴ用のCADソフト「LDD(LEGO Digital Designer)」。使えるパーツが一部現状のと異なっていたり、カラーやナンバーのリンクに不具合もあるけれど、結構使い勝手はよく、何よりもパソコン上で色々と試行錯誤ができるし、完成した造形に使われたパーツの一覧を抽出して専門店のオーダーリストの作成ができるのがありがたい。最近はこれをいじって日本風の身近なあれこれを再現し、レゴで体現化した上で写真撮影用の素材を創るという、趣味と実益を兼ねたホビーができたってことで、楽しい時間を過ごしていたのだけど。

昨日、突然同アプリが起動しなくなった。厳密には起動はするのだけど、複数パーツが入っている設計図を読み込んだり、まっさらの土台に複数のパーツを置くと、上記のようなメッセージが出て強制終了してしまう。正常に稼働していた時と、このトラブルが生じた間で、何らかのアプリケーションのアップデートや差し替えをした記憶はまったくなく、理不尽にもほどがある的な(最後に稼働したのはこのトラブルの前日の夜。そして当日の朝方に試しに稼働したら、このトラブルが発生)。


海外の関連系掲示板を片っぱしから探して対処法をサーチし、指示に従ってコンフィグファイルを書き換えてみたり、グラフィックドライバを最新のものにしたり、データを納めるホルダを別にしたり、ファイル名をホルダまで含めて英語表記のみにしたり(日本語表記が含まれているとトラブる事例は結構ある)、古いバージョンを探してインストールして稼働させようとしたり、FlashPlayerを改めて最新のものにインストールし直したり、打てる手は全部打ったけれど、やはりLDDがほぼ即落ちする状況に変わりは無く。正直お手上げ状態。

何かをきっかけに生じたトラブルなら、その何かを取り消せば回復する可能性はあるのだけど、それすらないので頭を抱えている次第。アプリそのもののアップグレードでこの類のトラブルが解消される可能性があるようなのだけど、いつになるのかは分からない。

ちょっと正直こまりんぐ状態。救急車やベビーカートもほぼ完成していたのになあ......。突然趣味の鉄道模型を全部捨てられてしまった、そんな話の主人公になった気分ではある。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2016年7月25日 06:31に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「実は北陸地方も梅雨が明けていた件について」です。

次の記事は「「ポケモンGO」で画面上のポケモンをペットたちが見ているように見える画面だけど」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2019年10月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31