吉野家でねぎ塩豚牛、すき家でニンニクの芽牛丼が大展開

| コメント(0)
株式会社吉野家(本社:東京都中央区、以下吉野家)は、2016年6月23日(木)10時より全国の「吉野家」店舗にて、夏季限定商品として「ねぎ塩豚丼・ねぎ塩牛カルビ丼」の販売を開始いたします。


「ねぎ塩豚丼」は2012年夏に販売して以来、さっぱりとした「塩ダレ」の味つけが、ご好評をいただいており、昨年も夏季限定ながら、累計300万食を販売した、吉野家夏の定番商品です。


あっさりとした味わいのねぎ塩シリーズ。以前展開されて、牛丼とはちょっと異なる方向性ではあるけれど、こんなのもいいよね、むしろ暑い時にはこんなのがいいよね、って感じのメニューで好きな部類の一つではあったんだけど、そのねぎ塩シリーズが登場。豚丼と牛カルビの2種類という、嬉しいそろい踏み。

ねぎ塩の豚丼が500円以下で登場するってのは、ワンコインランチ派としては待ってました的な感もある。お手軽感の上ではねぎ塩豚丼の方がはるかにさばけるのではないかな。元々吉野家の豚丼ってあっさりしている方だけど、ねぎ塩化することで、さらにライト感覚になる。

株式会社すき家本部(代表取締役社長:興津龍太郎 本社:東京都港区)が展開する牛丼チェーン「すき家」では、6月29日(水)より、「ニンニクの芽牛丼」(並盛税込490円)を期間限定で販売します。この商品はすき家の夏の定番商品としてご好評いただいております。

独特の歯ごたえと旨味が牛丼にベストマッチなにんにくの芽をごってりとのせたすき家の「ニンニクの芽牛丼」も登場。これは同社の夏の定番アイテムだから、これが登場すると夏がくるんだなあ、という感がある。歯ごたえが十分以上にアクセントになるし、彩りもステキなんだよね。

ちなみにリリースにはこっそりと「同時に「ニンニクの芽カレー」(並盛税込590円)も販売開始」とある。これはこれでポイントが高い。近所にすき家があればなあ、とつくづく思う限りではある。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2016年6月22日 06:16に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「好きになることは何歳になっても構わない」です。

次の記事は「ツイッターの投稿動画の長さが30秒から140秒に」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2019年3月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31