モスの新作は「バーベキューモスバーガー 野菜と果実の特製ソース」

| コメント(0)
モスバーガーを展開する株式会社モスフードサービス(代表取締役会長兼社長:櫻田 厚、本社:東京都品川区)では、2016年7月12日(火)~2016年9月上旬まで、全国のモスバーガー店舗(一部店舗除く)にて、モスオリジナルのバーベキューソースを使用した『バーベキューモスバーガー 野菜と果実の特製ソース』(390円)を新発売します。同時に、ゴルゴンゾーラチーズソースを使用した『リッチモスチーズバーガー ゴルゴンゾーラチーズソース』(440円)を期間限定で販売します。看板商品「モスバーガー」のバリエーション商品として、夏の期間だけお楽しみいただけます。


昨年夏、1972年の創業当時から販売している看板商品「モスバーガー」のミートソースが、「もしカレーに変わったら?」をテーマに開発した『カレーモスバーガー』が、ご好評いただきました。今回は、ミートソースが「もしバーベキュー味になったら?」と夏の季節にぴったりなテーマで商品開発を行った『バーベキューモスバーガー 野菜と果実の特製ソース』を販売します。


見た目はいつもの定番モスバーガーなんだけど、なんだかどこか違和感がある。リリースをよく読みなおしてみたら、ソース部分がミートソースではなく、バーベキュー味だったとのこと。まあ、メインの具材となるハンバーグには、肉質ががっつりしているのであれば、バーベキュー味のソースもしっかりと馴染むに違いない。また、基本メニューの応用系ではあるけれど、奇を狙いすぎているところもなく、安心して手が届く範囲での目新しさってのが、安心感がある。

モスの新作は大よそこんな感じで、色々とびっくりさせられることもあるけれど、安心できる面白さがある。奇抜さには欠けるところもあるってのが正直な感想ではあるけれど、それは同時に鉄板の美味さが保証されていることをも意味する。少なくとも「損をした」「つまらない新作だな」という肩透かしをしてしまうことは滅多にない(ミスドとのコラボでは多分にコケた感は否めないけど)。

安心できるファストフードのちょっとレベルの高い店として、今後もモスには頑張ってほしいものだ。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2016年6月17日 06:24に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「ルマンドがモナカなアイスで大登場」です。

次の記事は「松屋のセールス、今度はカルビ焼肉が500円」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2019年11月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30