月刊フラワーズ増刷、「ポーの一族」続編が人気

| コメント(0)
繊細かつ華やかな絵柄でファンの熱狂的な支持を集める漫画家の萩尾望都さんが代表作「ポーの一族」の新作を40年ぶりに書き下ろしたところ、掲載した雑誌の売り切れが相次ぎ、少女漫画の雑誌としては異例となる重版が決まりました。


この雑誌に掲載された萩尾望都さんの「ポーの一族・春の夢」は、1970年代に連載された代表作のひとつ、「ポーの一族」の続編として40年ぶりに書き下ろされ、発売前から大きな話題になっていました。


先日本家サイトで更新した印刷証明部数周りの記事でも言及しているけれど、昨今では「おそ松さん」特需が一部界隈で吹き荒れている。今件も「重版」とのキーワードを見て、またサイドストーリー的なお話でも始まったのかなと思ってたら、まったくの別の話。「ポーの一族」の続編とは。


フラワーズの発行部数は金融危機ぼっ発からリーマンショックぐらいにかけて落ち込んだけれど、その後はずっと3万部強を維持。手堅いファンに支持され続けていると見れば良いのかな。それだけに、今回重版で部数が5万部に伸びるってのは、非常に特異な例に違いない。

ただ、記事によると、

小学館の担当者は「萩尾さんの作品を手元に残したいという読者の声が次々と寄せられるなど、予想以上の反響があり大変驚いています」と話しています。

とあり、多分に「ポーの一族」の過去の連載時の読者が記録として残しておきたいという印象が強い。新規リピート読者の確保にはどれほど貢献することになるのかは、ちょっとばかり未知数かなという気はする。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2016年6月 8日 06:29に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「自前の技術を他人に教えてあげるということ」です。

次の記事は「カップ焼きそばにかば焼きのたれ味なるものが登場」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2019年9月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30