ぱっと気付、喉をすっきりさせる程度の量のコーラが欲しい

| コメント(0)


何だか気分がさえない時、ちょっともやっとした時、やや強めの炭酸飲料は良い刺激になる。リアルゴールドなどの栄養ドリンク色の強い炭酸飲料や、さらに多様な成分が入っているエナジードリンクそのものでも良いのだけど、以前何度か紹介している通り「最大ヒットポイントを削るようなもの」的なのは避けたい所。在庫は景品絡みで買ったものが何本かあるのだけどね。

で、同じような意見を持つ方がいたので、激しく同意感。40mlはちょっと少ない感じだけど、100mlぐらいで十分ですよ、勘弁してくださいよ的な時って結構ある。ああ、そうだ、ヤクルト1本分(65ml)ぐらいがちょうど良さげ。でも市販のコーラって、300とか350mlぐらいのからしか売ってないんだよね。自販機はまさにそんな感じ。


100均などでは2本100円だとか、アマゾンでは24本単位で売っているこのミニ缶。160mlと、やはり「ちょっとスッキリ」には少々多め。昔は135mlだったとのことで、これなら許容できるかな。でもヤクルト2本分ぐらいか。

「多いんだったら飲みきれないものは残しておけば」と思うのだけど、炭酸ではそれが難しいんだよね。絶対に気が抜けて砂糖水的な何かになってしまう。で、ついつい飲み干してしまうわけだ。

自分が好きな量だけざっくりと作れるよう、子供の駄菓子でよく見かける、粉やタブレットタイプのジュースで、十分な炭酸ができれば......とは思うのだけど。これはこれで現状ではコストが高いので、普通の炭酸飲料を買ってきて飲みきれないのは捨ててしまうって方が安上がりなんだろう。ウィルキンソンなどの炭酸水も結局気が抜けるという点では同じなんだよね。

それこそ、栄養ドリンクサイズ、あるいはヤクルトサイズで炭酸飲料が出れば一気に飲み干せて気が抜ける心配も無いのでよいのかなあとは思うのだけど、コストを考えると割が合わないんだろうな。

やはりファミレスにあるようなジューススタンドを自前で調達していつでも炭酸が抜けていないコーラを飲めるようにしないとダメか(違うそうじゃない)

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2016年6月 4日 08:15に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「レゴの新版カタログ(2016年1-12月)ゲット」です。

次の記事は「小売物価統計調査の乗用車価格が一気に跳ね上がったワケを考えてみる」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2019年3月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31