スイカ味のクッキーっていったいどんなのだろうな

| コメント(0)
イトウ製菓株式会社(本社:東京都北区、代表取締役社長:伊藤雄夫)は2016年5月23日より「塩すいかチョコチップクッキー」を発売いたします。 塩すいかチョコチップクッキーは生地にすいかの果肉を練りこみ、まるで本物のすいかのような味わいに仕立てたクッキーです。チョコチップを練りこむことで種を表現し、見た目だけでなく、味わいでもアクセントをつけました。塩をプラスすることで、すいかのおいしさを引き立てると共に、塩分補給もできます!発売以降、情報番組等でご紹介いただき、多くのお客様にご興味・ご関心をいただきました。再発売により、多くのお客様に驚きとおいしさをご提供します。

スイカはメジャーな果物の一つで好きな人も多いことから色々な食品で似せたものが出てくるのだけど、やはり本家の味わいにはかない難いところがあり、今一つ感は否めない。それでも最近は改良に改良を加え、メロンやオレンジに並ぶ定番としてラインアップされてもいいかな、というレベルの味になりつつある。某社のスイカアイスが好例。チョコパフを種代わりにしたりとかね。

今件は「帰ってくる」と表記があることから以前発売されていたようなんだけど、当方は初めて知ったクッキータイプのスイカ系アイテム。チョコチップクッキーをスイカに見立てチョコチップで種のアクセントを模すってのは良くわかるのだけど、メインとなる生地の部分で「すいかの果肉を練りこんださっくりクッキー生地。絶妙な塩梅で生地に塩を練り込み、すいかのおいしさを引き立てました」との説明には少々驚き。調理そのものはさほど難しくはないのだろうけど、味の想像がつきがたいんだよね。

アクセントレベルでスイカっぽいなって感じなら、塩味と合わせて「塩をふりかけたスイカ」の雰囲気が楽しめるのだろうけど、そもそもクッキーとスイカって相性はどうなんだろうかという不安がある。ターゲットが「小さいお子さんをお持ちの女性/話題好きの学生」とあるので多分にネタ的なものを狙っているのだろうけど、これはちょっと気になる。

23日発売とのことだから、月末までには店頭で見かけられるかな。要チェック。

            

コメントする

            

最近の記事25件

Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2016年5月19日 06:25に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「VRとエンタメは相性が良いみたい。あとはアイディアかな」です。

次の記事は「根を詰め過ぎると心が折れるから意図的に休みや息抜きを設けた方がいい」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2017年3月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31