自己評価も他人から評価されるのも両方大切という話

| コメント(0)


あまりにも自信過剰に過ぎると周囲に迷惑をかけるばかりで困りものではあるのだけど、逆に自分に対する評価を低くし過ぎて、もったいない状態にある人も少なくない。元々完全に適正な自己評価などできるはずもないのだから、ある程度はぶれたって仕方がない。そして評価しようとしまいと自分自身に違いは無いのだから、だったら自分の実力が少しでも体現化できるように、それなりの評価、持ち上げをするのがお得ではある。

他方、自分への評価があまりにも低すぎると、その評価の低さに自暴自棄となり、それを第三者にも披露してしまう、その事で少しでも自分の心の重み、傷みを希薄化しようとする動きに出てしまう。気持ちの共有化がマイナス方面で働いてしまう。

ただそれを続けていると、第三者からはその通りの存在と認識されてしまい、相応の対応しかしてもらえなくなる。「自分はこうだ」との仮面をかぶり続けていると、いつの間にかその仮面で他人は自分を判断してしまう次第。ソーシャルメディアのアイコンとか成り切りの対応とかも良い例。個人に対する評価は、その個人が対外的に発する情報の総和で判断される。その情報が「自分は悪い、ダメだ」ばかりならば、そのような人物であるとみなされても仕方がない。

心理学的な話として、自己暗示で自分に対するポジティブな想いを語り続けていると、実際にそれが体現化する、少なくともし易くなるというのがある。少なからずは対外的な評価も作用しているのではないかな。


これと似たような話として、たまたま偶然に目に留まったのがこちら。自分に対する自身への評価は自信につながるけれど、第三者からの意見は時として桁違いな影響を及ぼす。ましてや該当分野の専門家的な人からの声なら、クリティカルヒットもの。神様みたいな存在からの、神の啓示的なものだからね。

今件では一応専門家としての編集者の行動が例として挙げられているけど、立場を変えると色々と想起できる場面が浮かんでくる。作品を読み終えた後に去来した感想を出版社や作者に送ってみたり、商品を購入した後の感想をコメント書きしたり。弱点、短所はあくまでも「今後の改善」を期待した上で言及した方が、相手にも、そして自分自身にもプラスとなるような気がする。欠点だけの指摘は、語られている通り「自分はあなたの可能性や武器を見つけられませんでした」との宣言になるのではないかな、と。

もちろんどうしようもないケースとか、可能性を示唆してもそれが体現化することでもっと損失が大きくなる場合もあるから、一概に欠点の指摘がすべてダメというわけではないのだけどね。

            

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2016年5月 1日 08:28に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「物語の夢が見れるかも...本の形をしたまくら」です。

次の記事は「日本で「報道の自由度ランキング」というと国境なき記者団のものばかりが伝えられ有名なのは何でだろう」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2017年8月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31