練り物で創ったウナギのかば焼きもどき、すこぶる評判が良いらしい

| コメント(0)
魚のすり身に、こんにゃくゼリーを混ぜ合わせてとろみのある食感を出したほか、焼き具合や皮まで本物のように再現した。


ウナギの価格高騰と品薄が続く中、二〇一〇年ごろから開発を始め、一三年から一部店舗やインターネット通販を中心に試験販売してきた。


当方は諸般事情からウナギには手を出せないことも一因だけど、ここ数年ウナギに係わる色々な話の中では「本当に高級品ってことで数量を限定して保護していいんじゃないかな。類似品なり別のものをウナギと呼んで文化は継承しちゃおう」的な考えにシフトしている。というか昔は本当にそんな感じだった気もするけどね。色々と資金源周りを断つこともできるのだろうし。

で、ウナギっぽい類似品も色々なメーカーから出ているけれど、恐らくいつかは出るだろうなあと想像していたのが、かまぼこ形のすり身を使ったウナギのかば焼きもどき。これが少なくとも見た目はかなりそっくりだし、試験販売の上で本格的な販売に移るってことは、それなりに好評だったわけだ。


比較対象となる本物のウナギが高いとなれば、少々凝ったもので普通の練り物よりもお高くなったとしても、十分以上に競争力が出てくるってのはポイントが高い。あるいは小麦粉を使った肉もどき的なものもありかなとは考えたこともあるけど、魚のすり身の方が創りやすいか。

ともあれ、この類の商品はホント、日本らしいなあ、という気はする。どんどん売れてメジャーになってほしい。

            

コメントする

            

最近の記事25件

Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2016年4月28日 06:31に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「不特定多数の人が集まる避難所で体現化するリスク」です。

次の記事は「クーリッシュのソーダフロート味とかヤバい美味さの予感」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2017年3月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31