「芸風だから」「仕事だから」と「して良い事と悪い事」は別の話

| コメント(0)


先行する【マニュアル対応はとても大切。それ以上の対応を求めるのなら相応の権限と能力が必要】でもちょいとばかり触れている、芸風だからそのような傍若無人は仕方がないとする風潮が一部にあることについて。往々にして、芸風や仕事だからということを理由付けとして、炎上行為や暴言、暴虐行為、不当行為を正当化、あるいは見逃してしまおう、免罪符モードとするものがある。これもケースバイケースで意見も多々あるのだろうけど、個人的には「それはやっちゃダメだろう」と考えている。

炎上行為や暴言や不当行為が「芸風だから」で許容されるのは、あくまでもその領域内での話。そういう設定の人だから、そのような行為をするのだろうなあ、という前提があるわけで。閉じられた限定世界の中で許されたものでしかない。それを社会一般に向けて同じようなことをすれば、とがめられても当然の話。ライフル射撃の競技者が街中でライフルを撃ちまくったり、ボクシングの選手が道端で突然気に食わない人を殴り倒すようなもの。

「仕事だから」も同じ。仕事の上での行為だから、特にその仕事が崇高なものと思われているものならば、不当行為は許される的な考えもあるけれど、仕事と社会一般のルールは別物。美食専門家がデパ地下で盗み食いをしたり、編集者が本屋で突然未購入の本に赤ペンを入れ出したら、当然アウトであるようなもの。


実のところはネットに限らず、ネットの場合は可視化されやすいだけのお話なんだけどね。昔も今も状況はさほど変わらず。見えやすくなっただけ。世間一般には昔から一定率の「困ったちゃん」が存在しうる。人口構成比率の変化や、各世代の時代背景、さらには社会技術文化の急速な進歩についていけるか否かを合わせ考えると、多少は数・比率的に増えているかもしれないけれど......。

            

コメントする

            

最近の記事25件

Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2016年4月23日 08:05に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「マニュアル対応はとても大切。それ以上の対応を求めるのなら相応の権限と能力が必要」です。

次の記事は「報道がデマを流し続けると報道界隈の信ぴょう性が下がり一次情報のみに聞く耳を立てねばならなくなる」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2017年3月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31