「保護者と子供では、どちらがインターネットに詳しい」と保護者は思っているか

| コメント(0)


先日の本家サイトの記事【スマホ8割近く、ノーパソ5割、デスクトップは2割強...小中学生を子供に持つ親たちのネット事情を探る(2016年)(最新)】の補完......というか盛り込めなくなったけど捨てるのは惜しいデータ。実はこの項目、2回前の調査までは実施されていたのだけど、前回から質問項目が随分と差し替えられて、その際に除外されてしまった。質問の内容が抽象的に過ぎるからかもしれない。

その内容とは、「自分と子供と、どちらがネットに詳しいか」というものを保護者側に聞いたもの。ネットに係わる自分の実力と子供の力量の把握。大よそ想像の通り、子供が幼いうちは「自分が詳しい」、子供が大きくなるに連れて「子供の方が詳しい」との結果が出ている。

2013年の時点ですでに、高校生の親の7割近くは「自分より子供の方がネットには詳しい」と認識していることになる。実際には色々なチェックで数字化する必要があるんだけど、保護者側の想いとして「子供の方が詳しいわ、ちょっとまずいかな」というのがあるのは、覚えておいてもよいかもしれない。

仮に今、これと同じ調査をしたら、いかなる結果が出るのかな。もっと子供の方が詳しいとなるだろうか。それとも保護者側が奮闘して「自分の方が詳しい」と胸を張って主張できる人が増えているだろうか。

            

コメントする

            

最近の記事25件

Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2016年4月19日 07:12に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「世界のグルメを麺で再現、今度はガパオとジャンバラヤ」です。

次の記事は「「個人や素人の限界」と、兵站の認識の希薄さと」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2017年10月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31