リーメントの「じいちゃんばあちゃん家」が何気に欲しすぎる件

| コメント(0)
盆栽や仏壇、黒電話など、おじいちゃんおばあちゃんの家で見たことがあり、海外の方からの引き合いも強い、日本のなつかし雑貨をラインナップ。同時発売予定の「ほっこりこたつ」や2014年10月に発売した「ぷちサンプル 80'sなつかしわが家」と一緒に飾ることが出来ます。

食玩系メーカーでは一線級の立ち位置にあるリーメントの新作......ではなく再販系アイテム「じいちゃんばあちゃん家」。確かに懐かしいのもあるけれど、当方にとっては懐かしいだけでは無く、歴史的映像でしかみたことが無いのも多々あり、色々な意味で要注目なシリーズ。商品名もよく見直してみると結構乱暴で、「昔からあるもの」とかそれってどうよ、的な。でもそれがいい。

スケールは書かれていないけれど、恐らくはレゴレベルでは無くシルバニアファミリーレベルのそれに近いのだろうなあ、という気はする。単品で集めても、結構情景写真の素材として使える気はするのだけどね。

ただ当方は実物を見た経験なり資料映像でその存在を知っているからいいのだけど、少なからずの人はこれらを見ても懐かしいとは思わず、不思議な存在と感じたり、逆に目新しさを覚えるのかもしれない。有名どころでは黒電話とか。炊飯ジャーとか石油ストーブは分るだろうけどね。

            

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2016年4月 5日 06:08に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「ガチャの怖いところと期待値計算と直接買えない仕組みと」です。

次の記事は「ポカリが36年にしてようやくゼリー化したとの話」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2017年5月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31