東京キャラクターストリート内のクリックブリック(レゴ専門店)に行ってきたよ

| コメント(0)


最近は色々と溜まってくるとちょっと遠出をしたり、足をしばらく運んでいない場所や未開発の場所に足を運び、色々と見て楽しんだり、新たな発見をして、気分転換をするのがひとつの楽しみとなりつつある。心身にはプラスとなるし、アイディアの倉庫に新たな材料をぶち込める機会も得られる。レゴ系が多いのは、趣味の一つ&素材集めってのもあるけれど。

今回は東京駅八重洲口のキャラクターストリートを徘徊し、中でもレゴ専門店のクリックブリックへの来店をメインとした小出張的な感じ。新作をチョイス云々ではなく、カスタマイズフィギュアのサーチと取得ではあるんだけど。先日足を運んだ、六本木ヒルズの店より小さいとは思わなかったけどね。


フィギュアのカスタマイズのコーナーも六本木のそれと比べるとこじんまり。一つの容器に全種類がまとめてあって、正直探しにくい。ただ、「これで全部です」的な見本があるのはありがたかった。それと、手持ちのパーツは別途用意されていて、かつ六本木では見かけられなかったのもいくつかあって嬉しい話。さらにこちらの方が安い。1体370円、5体で1750円(税別)。


フィギュアと共に本命だったのが、この鉛筆立て的なミニハウス。本来鉛筆立てとして使用するため、屋根の部分が一部開いているけれど、まあこれは実際に使う時にはフタか何かをしてベランダ化すればいいし、ロケット何かを立ててお茶目な研究所みたいなものにしてもいい。パーツ取りとして使うのもあり。何よりはしごとフィギュアが2体あるのも嬉しいし、どうやら型落ち品なのか通販価格より1000円位お値打ちなのもポイント。

六本木の店で見たけれど手を出さなかったこのミニハウスも取得できたし、今回のミッションはほぼ満足できる感。


他にもトミカショップやプラレールショップにも足を運んで模型感の香りを存分に吸うことができたし、笑点の専門店やショーバイロック!のお店で色々と楽しめたし、少年ジャンプやおそ松さんのグッズ販売店に長蛇の列ができているのを見てなるほど感を覚えたし、良い息抜きになった次第。

さて来週は新宿に足を運ぶかな(笑)。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2016年3月19日 07:40に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「なぜガイコツが・ほねほねな特殊部隊のガチャ玩具が海洋堂から出るぞ」です。

次の記事は「差し止め仮処分を求める権利はあるし、それで損害が発生する可能性もある。でもそれが結局正当性の無いものなら発生した損害を補償してもらう必要は当然あるよね」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2019年11月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30