ランチパックの復刻版、元祖4種の味わいで登場

| コメント(0)
山崎製パン株式会社(社長:飯島延浩)は、ロングセラーの人気商品「ランチパック」シリーズから、同シリーズ発売当初の味わいを再現した「ランチパック(元祖4種の味わい)」を平成28年4月1日から全国で新発売します。


「ランチパック(元祖4種の味わい)」は、1984年1月に製造販売を開始した「ランチパック」の第一弾となった"ピーナツ"、"小倉"、"ヨーグルト"、"青りんご"の4アイテムを再現したもので、4種類の味わいを1袋でお楽しみいただけます。現在も不動の人気ナンバー1を誇る"ピーナツ"、あんぱんでお馴染みの"小倉"、爽やかな酸味の"ヨーグルト"、フルーティーな"青りんご"と、いずれも懐かしさの中に新しいおいしさを感じる逸品です。


先行する吉野家の豚丼の話といい、最近はリバイバル系の商品が多いなあ、という感を覚えつつ。今件も今や惣菜・菓子パンコーナーでは欠かせない存在となったランチパックの、元祖となる味わいを再現し1つのパッケージに収めたもの。1パッケージで2個ではなく4個入っているように仕切り分けをしているタイプは最近ちらほらと見受けるようになったけど、そのスタイルを用いて、ピーナツと小倉とヨーグルトと青りんごの味わいを盛り込んでいる。

それこそ他の菓子パンで良く見かけるような味ばかりではあるのだけど、それらが1パッケージでまとめて楽しめるのは、3色パン的な楽しさ・お得感があるし、「ランチパックの創世記のセット」となれば、感慨深ささすら覚える。ちょっとした付加価値ってやつか。

発売は明日からだけど、実店舗に展開が始まるのは来週ぐらいからかな。ランチパックは種類が豊富で、一店舗では網羅しきれないので、逆に特定種類を取得するのにはあちこち回る必要が出てくる。今件も目に留めたらラッキーと思ってゲットするのが吉。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2016年3月31日 06:48に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「吉野家の豚丼が復活、しかも以前と同じお値段」です。

次の記事は「ツイッターの画像に説明書きを加えられる機能がスマホアプリなどで公式導入」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2019年3月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31