スライス生チョコが全国発売、これで誰でもいつでも至福のチョコ世界を堪能可能に

| コメント(0)
株式会社ブルボン(本社:新潟県柏崎市、代表取締役社長:吉田康)は、昨秋より一部地域先行発売し好評をいただいている、「のせて」「巻いて」「包んで」「型を抜いて」などアレンジがいろいろできる新感覚チョコレート「スライス生チョコレート」の新規格品を2016年3月1日(火)に全国発売いたします。

チーズを板状にスライスして色々と料理の上でアレンジできるのなら、それを他の食品でやってみてもいいじゃない? ってことで開発された、生チョコのスライスボードこと「スライス生チョコレート」。地域限定で先行発売されていたものが、ついに3月1日から全国発売される形となった。

チョコレートの汎用性の高さは多様なスイーツ......だけでなく主食などにまで展開していることからも分かる通り。調理の上で何かと難儀していた料理においても、気軽にチョコを導入できることになる。板状になっているってことは、そのまま使うだけじゃなく、型を用いて色々な形に成形したり、千切りにすることもできるわけだ(単に刻むのとは異なる使い道が期待できる)。

発想の方向性において柔軟性がある子供にこのスライス生チョコレートを渡したら、色々な料理を考案してくれるに違いない。また、パン類をはじめ、すでに完成している食品にプラスαの旨みをもたらしてくれることも期待できる。チョコレートは洋風のお菓子ではあるけれど、和菓子との組み合わせも楽しめそう。

料理の世界が一歩先に進むような、そんな気すらしてくるよ、この「スライス生チョコレート」の全国展開は。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2016年2月24日 06:31に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「10年ぐらい前の携帯電話のカタログを見て色々と懐かしみを覚える」です。

次の記事は「家庭用缶バッチメーカーがリニューアル、「Canバッチgood!」として登場」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2019年3月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31