家庭用缶バッチメーカーがリニューアル、「Canバッチgood!」として登場

| コメント(0)

色々なデザインを載せてちょっとカッコイイアクセサリ的な缶バッチを自分で創れる「缶バッチメーカー」。個人創作をしている人にはステキナイスなアイテムに違いないのだけど、日本ではバンダイからいくつか発売されていたものの、ラインアップ上で何度か進化改定した後、ほとんど放置状態に。正直、このタイミングで新商品が登場したのは、スペシャルなサプライズに違いない。

まぁ恐らくは、スマートフォンの普及と共に自撮り写真の文化が浸透して色々と自分の画材を披露する機会が増え、さらにLINEのスタンプなどアイコン的なビジュアルへの需要が相当あると認識されたのだろう。自分のソーシャルメディアのアイコンやスタンプを、そのまま缶バッチに仕立てたら、なんだか素敵じゃん? 的な。また、自分のペットや創作品の披露をしている人は、それをそのまま物理媒体である缶バッチとして創り、ギフトとして配るのもあり。

実のところ、缶バッチをきれいに作るのには色々とコツがあるし、何度か試行錯誤を繰り返す必要がある。ただ、そのコツを一度つかんでしまえばさくっと個人でそれなりの量産も可能。絵心がある人、日頃から写真を撮って披露している人は、是非一度チェックをしてみる事をお薦めするよ。新しい世界が開けるかもしれない。

......ってああ。そうか。カラープリンタなりも合わせて必要になるんだな、これ。

            

コメントする

            

最近の記事25件

Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2016年2月24日 06:44に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「スライス生チョコが全国発売、これで誰でもいつでも至福のチョコ世界を堪能可能に」です。

次の記事は「電通の「日本の広告費」最新版発表・2015年はわずかに前年比でプラスへ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2017年3月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31