上質な白あんを使った巨大どら焼きにゃーんなクッション

| コメント(0)


猫は狭いところ、自分の身を隠せるところ、そして可能ならば顔をちょっと出して周囲をうかがえるような場所を大いに好む傾向がある。冬場なら、温かいのならなお善し......というわけで例の自動車内エンジンもぐりこみなんてのも起きている次第。

で、その猫の習性を活かす形で創られたのが、このどら焼き型のクッション。どらやきの形をしている必要性は特になく、人間側の身勝手さでしかないのだけど、猫が好き好み、飼い主もほっこりできるなら、それはそれで良いお話に違いなく。


正式名称は「どらやきキャットベッド」。猫がもぐりこむと中の掃除が大変では、と思ったのだけど、よく見ると上下は容易に取り外しができるような構造になっている。ボタンとフックで留めているのかな。これなら安心。

あんではなくてにあーん、だけど、大型どらやきの中に入る猫様を見て、にんまりとするのもよいかもしれないな、これは。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2016年2月19日 06:25に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「「四か国語の自販機がなんだかがちゃがちゃしている」の解決案。そうかその手があったか」です。

次の記事は「レゴの公式シリーズにファンタジーものもあったのね」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2019年12月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31