色々と誤解を受けそうなパチンコ屋さんの広告

| コメント(0)


これも先日の確定申告の際に見つけた、電車内広告の一つ。某パチンコ店のものなんだけど、具体的な作品の紹介部分の画像で、左が緋弾のマリア、右側が宇宙戦艦ヤマト。まあ、作品そのものはそれぞれアリとして。用いられているイメージイラストの配置の仕方があまりにも巧みすぎ......というか恐らくは狙ったつもりはないのだろうけど、結果論として狙ったようにしか見えない状態に。

これでは沖田艦長がガン見をして、その視線に気が付いて恥ずかしみを受ける女の子たち、その様子を醒めた眼で視る古代と雪という状況にしか見えない。しかもヤマト側の「18台」がパッと見で「18禁」にすら読めてしまうという指摘も。

広告は得てして第一印象で人の目を引き付けられるか否かが勝負となる。その観点ではこの広告は大成功。間違いない。


今件のはたまたま並び配置しただけの話だけど、話によると具体的に組合せを行って破天荒な広告を展開した事例も多々あるという。確かにパチンコはアニメや漫画などの題材が良く使われ、複数の種類が一つの場に集まるので、宣伝のために奇妙なコラボが成されることもある。まぁ、ツッコミを入れたら負けだというのは分っているのだけど、「ヤマト魂のルフラン」とかやられたら、もう白旗を上げるしかないよね。

            

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2016年2月17日 08:09に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「「マクドナルドへようこそ」の大看板が駅に。その店舗に足を運ぶと......」です。

次の記事は「スシローでたけのこの里のパフェが食べられるしあわせ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2017年5月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31