タミヤの動物プラモデルがなかなか楽しいらしい

| コメント(0)


タミヤの1/35スケールプラモデルというと、昨今では「ガルパン」人気で盛り上がりを見せている、陸軍関連のミリタリーモデルで有名。だけどそのスケールに合わせ、情景を作るためにさまざまな周辺アイテムも合わせて展開されている。その一つがこの動物セット。自然な情景を演出するためのアイテムの一つではあるんだけど、その愛らしさが心に響く。


英語版のパッケージなので今はもう日本で売ってないのかなと思ってちょいと調べてみたら、さっくりと見つかる。もちろん実際には自分で色を塗る必要があるのだけど(一部色まで塗った完成品も出回っているのが確認できる)、それはそれで楽しさがある。ブレーメンの音楽隊とか、農家のワンシーンとか作れそう。最近では似たようなスケールで完成品としてのシリーズも他社から登場しているけれどね。


戦車や兵隊と同一スケールで恐竜を出してどうするんだ、思いっきり妄想の世界が広がるじゃないか(歓喜)ってのもある。さすがに大型恐竜を1/35スケールで出すのは難しいけれど、小型なら何とか。戦車と並走する彼らの姿を映像に落とし込むのも面白いかもしれないね。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2016年2月 9日 07:31に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「ふるさと納税のお礼品にドラクエグッズが登場する時代」です。

次の記事は「「デートDV」なる言葉と、男性から女性に限った話では無いという事実と」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2019年3月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31