アクションフィギュアを遊園地にあるようなミニトレインに乗せる。その発想は無かったわ

| コメント(0)
トミーテックだからできる「鉄道模型」と「可動フィギュア」の新しい遊びの提案! イベントや遊園地でみんなを乗せて走る「ミニトレイン」。好きなフィギュア・ドールを乗せて「ミニトレイン」が走ります♪

スケールサイズが大体1/12のアクションフィギュア。子供の人形遊びと連なる所は同じなのだけど、技術の高度化に伴い精巧な外観、動きが可能になったことに加え、ソーシャルメディアの浸透で情景を作って色々な場面を創作し、それを披露する楽しみが生まれたことから、一気に需要と可能性が飛躍した。で、色々な組み合わせをしているタカラトミーやその傘下トミーテックなので、当然といえば当然ではあるのだけど、Nゲージ(1/150)鉄道模型とアクションフィギュアとの組み合わせが誕生。

スケールが違うのにどうやって......と思ったら、イベントや遊園地で良く見かける「ミニトレイン」という切り口で来たか。この発想は無かったわ。

すでにアマゾンでは各種予約受付中。発売日は2016年5月31日となっている。構造的にはそう難しいものではないので延期はないだろうけど......。

ただぶっちゃけると、発想的には確かに逸品には違いないのだけど、アクションフィギュア層にはNゲージの鉄道模型は少々ハードルが高い&コスト面で大変なところがあるかもしれない。それを考えると、スケール的には少々難儀するかもしれないけど、むしろプラレールの方が取り扱いはしやすいし、入手ハードルも低いので浸透しそうな気がする。いや、この商品展開の話を見聞きし、プラレールで自作する人が今後出てくる......のだろうね、きっと。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2016年1月17日 07:24に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「レーニ印、スターリ印、ガガーリ印の再販が決定、現在受付中(1月24日まで)」です。

次の記事は「シートベルトのあるなしを通販荷物の段ボールへの固定で例えてみる」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2019年10月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31