「フォロー外から失礼します」とツイッターでの文字制限

| コメント(0)


ツイッターでツイートできる文字数は140文字まで(ダイレクトメールでは1万文字に増えたけど)なので、1つのツイートに文章を収めるために色々と工夫が行われている。そのような状況下で、フォローしている・されている状態の外からツイートにてリアクション・リプライをする際に、「フォロー外から失礼します」との前置きをされることが少なからずある。

そりゃ確かにそのような前置きがあった方がていねいではあるんだけど(道端で「ちょっといいですか?」的な)。ただ、ツイッターの場合って、不特定多数からリプライなり意見的なものが来る可能性があるのが前提のサービスなので、そこまで気にしなくても良いんだよね、実の所。年末の無礼講な忘年会とか、雑誌社開催の立食バイキングみたいな状況。


最初にLINEに触れて、それからツイッターなど他のソーシャルメディアを始めた人たちは、むしろLINEのようなクローズドな世界の習わし、世界観をそのままツイッターなどでもあてはめて使っている感が強い。ツイートのやり取りを見ると、どうも第三者に閲覧されている事を知らない、意識していない雰囲気。時折公式リツイートがたくさんされて驚きを覚えた時のリアクションで、それが良くわかる。

なので「最初からツイッターがあった世代」ではなく、「最初はLINEなどの閉鎖的SNSで慣れた人」が、「フォロー外から失礼します」を良くするのではないかな、と。ついたてで仕切られた小分けの宴会場で、隣の仕切り分けの座に顔を出す時に、とんとんとついたてを叩くような。

まぁ、文字数の浪費には違いない。そこまで気にする必要は無いよ、的な。それにリプライに気が付かない可能性も多分にあるし、さらには気が付いても返事をする必要もない。読んだことをアピールしたいのなら「いいね」を押せばいい。


ネトゲで使われる簡略語を用いるという手法もある。ただ、これって相手が知らないと、首を傾げられるばかりとなるのが難しい。


「こんにちわ。」も良いけれど、時間帯によっては「こんばんわ。だろ」というツッコミが入るかもしれない。この辺りは実際の挨拶と同じ。英語なら「Hi!」の3文字で済むのだけどね。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2016年1月 2日 08:23に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「高齢者とおもちの後日談、詰まるとかつまらないとか......」です。

次の記事は「「牛乳は有害だ」とする話と、それを否定する裏付けと」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2019年11月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30