「牛乳は有害だ」とする話と、それを否定する裏付けと

| コメント(0)
カルシウムを多く含み、「栄養素の宝庫」とも呼ばれる牛乳。しかし、たびたび有害説が取りざたされ、「牛乳は体に悪い」と思っている人も少なからずいる。11月には東京都内の大学の研究所が「合理的な説明はできない」と結論づけたが、一度流布した情報を撤回するのも難しいところ。牛乳は本当に体に悪いのか。改めて検証してみると...。

当方は最近ではもっぱら豆乳を飲むようになったので、牛乳は久しく飲んでいないのだけど。この類の話は定期的に話題として登ってくるし、ごく自然に「牛乳って有害なのでしょう」「昔は日本人は飲んでいなかったし」「戦後の政策で云々」との説明と共に語られるのを見聞きする。多分の人において悪意はまったく無く、何らかの権威付けされた文言を信じてしまう形で語っているだけなのだろうけど。

この件は一度しっかりと調べておかねばなあ......と思っていたら、先日目に止めたのがこの記事。色々な有害説を否定する裏付け、有害説が大きく広がったのはミリオンセラーとなった書籍がトリガーとなったことなどが語られている。なるほど。


むしろ目を通すべきは、最初の記事の大よそのきっかけとなる「疑似科学とされるものの科学性評定サイト」。色々な裏付けを提唱し、疑似科学......まあ似非科学だな、実質的には......に関する実情、真偽性を検証している。そしてその内容を確認すると、牛乳有害説の方向性としては、いわゆる放射能周りやEM菌関連、ワクチン周り、さらにはヤマザキパンについての話と構造的に非常によく似ていることが分かる。

これって類似様式のテンプレートが無形の形で存在しているのか、それとも人間の性(さが)として噂話とか否定的見解に関して似たような方向性が生じてしまうのか、いずれかなのだろう。

やっぱりこの類の話に関しては、正しい意見の集約をすることに加え、間違って流布されている内容を否定できる、確からしい情報をまとめておき、事あるたびに両者を提示して打ち消していくしか対処の方法がないのだろうね。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2016年1月 2日 08:30に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「「フォロー外から失礼します」とツイッターでの文字制限」です。

次の記事は「鳥獣戯画制作キットで来年に備えてアレが欲しいな」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2019年11月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30