ニフティの無料ホームページサービス「@homepage」が今年9月に終了との話

| コメント(0)
ニフティ株式会社は、ホームページサービス「@homepage」を9月29日15時で終了し、「@niftyホームページサービス」にサービスを一本化すると発表した。


@homepageは、@niftyの接続会員向けに1999年から無料で提供してきたもの。一方、@niftyホームページサービスは有料サービスだが、@homepageユーザー向けに移行専用の無料プラン「@niftyホームページサービス ミニ」を用意する。1月13日11時から9月29日15時までが移行受付・作業期間となっており、作業手順についての案内ページを開設している。


「ホームページ」との言い回しも厳密には語弊があり、ウェブサイトのトップページのことを意味する言葉だったのが、いつの間にかウェブサイト全体を指すようにもなったりして......という話はともかく。ニフティ会員向けの無料サービスとして提供されていた、ウェブサイトの無料領域解放が今年の9月で終了との話。少し前まではプロバイダなどでも同様のサービスを提供していたけれど、どれだけ残っているのかなとか、さらにその後に無料のブログ領域提供もあったけれどそのサービスもどんどん終了しているので、むしろ今件の「@niftyホームページサービス」の終了は、よくぞここまで持ったな、という感じがする。


さらに解説を読めば分かるけれど、色々と手続きは必要なものの、現在無料サービスを使っていた人向けに、今後も無料で利用が可能な別サービス(別途展開されている有料ウェブサイトサービスの、特別無料版を新設する形)が提供される。ある意味大盤振る舞い。

とはいえ、現在もなお「@niftyホームページサービス」の少なからずはそのまま放置して、9月の終了以降はサイトそのものが消えてなくなるのだろうなあ、という感はある。仕方ないといえばそれまでだけど、改めて「インターネット上のデジタルデータは永遠だ、ってのは語弊が多分にあり、整備環境を整えてしっかりと見守らないと、むしろ物理媒体より容易に無くなってしまいかねない」って事実を思い知らされる。

データ管理の国家資格的なものも将来は出来て来るんじゃないかな、いや創設した方がいいんじゃないかなと思う今日この頃。司書みたいな感じで、国会図書館などと連動する形で、さ。

関連記事             

コメントする

            
Powered by Movable Type 4.27-ja
Garbagenews.com

この記事について

このページは、不破雷蔵が2016年1月16日 08:25に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「原油価格が下がると「石油王」のイメージも......」です。

次の記事は「読者の感想がネットの海に放たれることで作者は魂をよみがえらせることもある」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

* * * * * * * * * * * * * *


2019年10月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31